Charlie Parker Challenging Club "Alias = CPCC"

C | P | C | C
Vintage Saxophone Gallery | International Sax HP | Steve Goodson Woodwinds | MP Facinf Charts | Pro Use MP
SELMER | C.G.CONN | KING | CANNONBALL | KEILWERTH | CRAMPON | LA.SAX | TOPTONE | AMATI | MEDUSA | BOGANI | ORSI | CAZZANI | CADESON | INDERBINEN
SUGAL | MAYER,LINK,etc | PONZOL | RUNYON | BARI | SELMER,BRILHART | BEECHLER | VANDOREN | GREGORY | POMARICO | LAMBERSON | PILLIMGER | ESM | LARSEN
DUKOFF | BRENDAN TIBBS | ROVNER | RPC | LEBLANC | RICO | PHIL BARONE | SRTECHNOLOGIES | HANZ ZINNER | J&D Hite | Rousseau | ClaudeLakey | Drake | PILLIMGER
RICO | VANDOREN | PONZOL | Fibracell | Legere | Superial | BARI | Chartier | HANZ ZINNER | GROTIN | Prestini | ZONDA
subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link
subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link

Charlie Parker Challenging Club (Alias = CPCC)

 CPCC is What


Charlie Parker Challenging Clubチャーリーパーカーチャレンジングクラブ (通称”CPCC”)は、チャーリーパーカーの演奏をつうじ、自己の音楽表現を向上させようというサックスプレーヤーの集まりです。
2005年3月12日に石森管楽器地下ホールで1st Meetingを行ない産声を上げました。
参加はサックスをこよなく愛し、チャーリーパーカーを学びたい方ならどなたでも大歓迎です。


 To the start of "CPCC"

このチャーリーパーカーチャレンジングクラブ(CPCC)発足には、Jazzミュージシャンよき時代の日本でプロとして演奏活動を行い、イギリスに渡り活躍された会長が、オークションをつうじ知り合ったアマチュアサックスプレーヤーから、

『どのようにしたらアドリブができるようになるか?』

という、あまりにも多い質問に答えるため考えた末

 『アドリブをやるために、スケールやアルペジオを勉強してもできるようにはならない。
   やはり基本に戻ると”パーカー"を学ぶことが一番の早道だ!』

 と考え、アメリカで現役プロサックスプレーヤー兼大学教授の友人に

『チャーリー・パーカーを教材にして行なってみたいがどうだろう?』

  と相談したところ、

『それは素晴らしいことだ。 サックスプレーヤーなら是非パーカーを勉強するべきだ!
 ジャズは勿論、フュージョンであれラテンであれ、パーカーを真剣に練習したサックスプレーヤーは
  アドリブや演奏が違う。
 私もパーカーを教材にして学生を教えたところ、素晴らしい効果があった。』

 と会長の考えに賛同されました。 それから教材の準備を行ない、1年後にやっと発足したのが


  Charlie Parker Challenging Club = ”CPCC です。

 Purpose of CPCC

CPCCの目指すものは、自己の音楽表現を最大限に高めることにあります。 ライブハウスでのジャムセッションで格好いいアドリブを決めるところにあります。 スーパーサックス、サックスアンサンブル、勿論個人でのサックスの可能性を見つけるところにあります。 SAX好きの仲間でSAXの素晴らしさを語ることにあります。

 Activity of CPCC

CPCC 1st Meeting (Mar 12. 2005) 〜 CPCC 138th Meeting (Nov 12. 2016) はこちらをご覧ください。

● CPCC 2017 Meething ●

  CPCC 139th Meeting (Jan 14, 2017)

◆ 2017.1.14 石森管楽器地下ホールにて8名の参加者で開催いたしました。 課題を各自で決めて発表したので、いろいろなミュージシャンの曲を聞くことができました。 またアンサンブル曲では、カルテットのサックス演奏に取組み、それぞれアドリブを回してセッション練習です。 終了後はいつもの中華屋さんで盛り上がりました。 今年も有意義で楽しいCPCCを開催して参ります。

  CPCC 140th Meeting (Feb 11, 2017)

◆ 2017.2.11 石森管楽器地下ホールにて6名の参加者で開催いたしました。 今回から課題曲は独自で決めて発表しますが、3回ほど順番がまわってくるので大変ですが、これも練習の一つなのでそれぞれ個性ある演奏を披露してくれました。 アンサンブル曲にも取組み、吹き方をあわせるなど、1人ではなかなか練習できないことにも継続して取組んでいます。 終了後はいつもの中華屋さんで盛り上がりました。

  CPCC 141st Meeting (Mar 11, 2017)

◆ 2017.3.11 石森管楽器地下ホールにて4名の参加者で開催いたしました。 今回は海外に行っている人も多く参加者が少なかったですが、少数精鋭でゆっくりと演奏を楽しむことができました。 今回から3拍子の曲を入れる課題もあり、皆さん楽しんでいました。 終了後はいつもの中華屋さんで盛り上がりました。

  CPCC 142nd Meeting (Apr 8, 2017)

◆ 2017.4.8 石森管楽器地下ホールにて7名の参加者で開催いたしました。 今回はボサノバと3拍子、好きな曲を演奏すると言う課題での演奏で、それぞれのカラオケをバックに1人合計3曲披露しました。 毎回新たな課題が出るので大変ですが、皆さん果敢に緒戦しています。 終了後はいつもの中華屋さんで盛り上がりました。

  CPCC 143rd Meeting (May 13, 2017)

◆ 2017.5.13 石森管楽器地下ホールにて6名の参加者で開催いたしました。 今回はボサノバとブルース、バラード、好きな曲を演奏するという課題での演奏で、それぞれのカラオケをバックに演奏しました。 毎月の課題を強制的にこなしていくと、会員の成長が手に取るように分かります。 縮めたバネが弾けるように、急に音がスムーズにつながって演奏できるようになったりするので、皆さん果敢に緒戦している成果が出ています。 終了後はいつもの中華屋さんで盛り上がりました。

  CPCC 144th Meeting (Jun 10, 2017)

◆ 2017.6.10 スタジオノア都立大店にて7名の参加者で開催いたしました。 今回も各自選んだ好きな曲をカラオケに合わせて3曲ずつ演奏しました。 スタジオはとてもデッドな環境なので、楽器の音色の違いが良く分かります。 同じビンテージ楽器でも、超高額なビンテージよりも、あまり知られていない楽器の方が響が良かったりすることが良く分かります。 CPCCは一般的に使われている楽器を持ってくる人はほとんどいないので、演奏以外にも音色やセッティングに興味をもたれるオタク集団です^^ 終了後は駅そばの鳥貴族で盛り上がりました。

  CPCC 145th Meeting (Jul 8, 2017)

◆ 開催場所 : 石森管楽器 地下ホール 14:00 〜 17:00
                  ↑  クリックすると開催場所のホームページです。

  見学は大歓迎いたします。 >> cpccアットマークtobikiri.net までメールにてご連絡をお願いいたします。
  *CPCCは10年の節目を経過し、現在段級試験は行っておりません。 更にサックスを楽しむためセッションで吹けるようになるためのアドリブの練習やサックスアンサンブルなどを楽しんでおります。

◆お世話になっている 高橋管楽器 石森管楽器 HP

 CPCC に参加するには
1.Jazz SAXを楽しみたい方・上手くなりたい方
2.難しい課題に挑戦しても、SAXでアドリブをできるようになりたい方
3.初めてサックスを持つ方でもOKですが、年単位でじっくり取組む
  意欲のある方
4.サックスが大好きな方
5.都内開催のCPCCに参加できる方 (都外開催は未定です)

6.このページをよくお読みになり、cpccアットマークtobikiri.net までメールにてご連絡をお願いいたします。

 参加にあたって
貸しサックスはありませんので、各自で手持ちしてください。
会費・会場代として参加の都度2千円
以降CPCC継続参加の方は1st教材費5千円を初回に購入頂きます。(初めて参加され継続される方は、初回7千円となります。)

CPCC会合は都内で月1回 第2土曜日の14時から17時頃
17時以降は、楽しい懇親会を必ず行ないますので車厳禁!

 

 楽器について
楽器は、Eb、Bbの教材がありますので、ソプラノでも、アルトでも、テナーでも、バリトンでもサックスなら何でも構いません。 ただし、パーカーはアルトサックスなのでBbの方はチョット大変かもしれませんね。

 教材について
 1.教材はチャーリーパーカーのコピー本で超有名な”オムニブック”
 2.チャーリーパーカー演奏CD
 3.MIDIカラオケCD (USA大学教授作成の各曲3種類のテンポ)
 4.生バンドカラオケCD

 * USA著作権があり、教材だけの発送は行なっておりません。

 

 練習方法について
まず、1st教材にある11曲を次の要領で集中的に個人練習して頂きます。 月1回のCPCC会合で、成果を発表していただき、 会長およびメンバーより段級認定があります。

 1.パーカーのアドリブを無意識に口ずさむまで聴く
 2.譜面で運指を確認 (早いパッセージは雰囲気で)
 3.メトロノームでゆっくりテンポから、つまづかないように
 4.MIDIカラオケのゆっくりテンポから確実にステップUP
 5.パーカーのCDと一緒にパーカーになり切ってプレイ
 6.全て暗譜して生演奏カラオケでノリノリプレイ

 段級試験について
遊び半分、半分真剣に段級試験を行ないます。
始めの課題曲は、”Now's The Time”です。

 3級 譜面をなぞることができる(早いパッセージは雰囲気で)
 2級 譜面をメトロノームを使いリズムどおりに吹ける
 1級 生演奏カラオケで譜面を見ながら演奏できる
 初段 譜面を見ないで1曲生バンドカラオケで演奏できる
 2段 譜面を見ないで+2曲できる(合計3曲)
 3段 譜面を見ないで+3曲できる(合計6曲)
 4段 譜面を見ないで+4曲できる(合計10曲)
 5段 譜面を見ないで+1曲できる(合計11曲)
    +指定された任意の2曲が演奏できる

・2段から4段までは1曲ずつ取得可、5段は1回で取得
・段級試験に合格すると、会長より認定書が交付されます。
・5段を取得すると、CPCC講師資格が与えられ、都外でのCPCC講師を務められます。

Copyright©2005 Chalie Parker Challenging Club All Rights Reserved.